エンジンのチェックと腰上オーバーホール

HOME DT125R


3FW_engine001.jpg(28191 byte) とりあえず,エンジンの圧縮を計測するためにエンジンはフレームに乗せたままにする.


3FW_engine003.jpg(23072 byte) StraightでWEB通販したコンプレッションテスター.2800円で買った. チェーンカッターと同じくらい出番の少ない工具であるが. 焼き付きやすい2ストローク車のメンテナンスや状態把握には必須の装備.

3FW_engine002.jpg(23702 byte) 思いっきりキックして圧縮を計るが6.2kg/cm2しかない.ピストンリングが摩耗してしまっているのだろうか.


3FW_engine006.jpg(28320 byte)

ヘッドは奇麗.

3FW_engine007.jpg(26143 byte) 3FW_engine008.jpg(26338 byte)

吸気ポート側も奇麗.

3FW_engine009.jpg(23153 byte)

焼きつくことが多い掃気ポート側も全く問題なし.

3FW_engine011.jpg(28983 byte)

ピストンヘッドもOK.

3FW_engine004.jpg(29667 byte)

今回は,ピストン交換は行わず,リングのみを交換して圧縮が回復するかを試してみる.

Copyright (C) 2002 YAS All Rights Reserved. inserted by FC2 system