2004 秋 十和田湖台風ツーリング

台風とともに北上だぁ!
HOME TOUR

久しぶりのロングツーリング。 かなり楽しみにしていたのだが・・・・・ そう、来てしまいましたよ。やつが! 台風。タイフーン。ガーーーーーーーン。 しかし行くと決めた限り行くのが男の根性の見せ所。 でも、こけるのは怖いっす。\(゜ロ\)(/ロ゜)/ で、初めて四輪車での遠征です。 メンバーはガンマ200で登場予定だった24氏。 ジェイドをこかして15万かけて復活したジェイド君。


旅の友 スバルヴィヴィオ(5F仕様)。 このマシンは24氏の通学マシンとして日々活躍中。

予定より一時間遅れの8時に宮城県青葉区を出発。 かなりの土砂降り。多分ロードバイクじゃ無理。 県道を古川方面へと飛ばす。 一度給油してするがレギュラーが120円/L(少し前のハイオク並) 宮城県を脱出し岩手県を目指し北上。 山中の一本道でジェイド君に運転を代わるがMT車の運転は教習所以来だという。 ジェットコースターばりの恐ろしさで第一の目的地小岩井牧場を目指す。 目的はずばり牛乳ラーメンを食すこと!


小岩井への高原路

でどうにか到着。雨はギリギリで降っていない(よかった)。 で目的のアレを注文・・・・・・・出てくる。


牛乳ラーメン(商品名:まきばラーメン)630円也

むう・・白い。スープは・・・お!牛乳味のしょう油スープ(・・?。 意外とおいしい。 結構おいしい。 うまいよ。 で、乳搾りを見学。


ジェニーちゃん(3歳)。でかいっす。

ソフトクリームも食す(260円也)。 と、ここで雨がちらちら降ってきたので台風から逃げるようにして北上を再開。 国道4号線を上っていくのですが失敗しました。 東北道を使うべきでした。 このことが後々の後悔に?! で4号線からそれて十和田方面へ山中に入っていく。 このときすでに18時半。 で、やっぱり迷いました、山中で。 真っ暗で土砂降りの雨、しかも濃い霧。 真っ暗闇、そして対向車が全く来ない山中。 のこりガソリン量は4分の1。 同じところを一周してしまうという有様。 マジでヤバいと思う。 (ドラえもんのブリキのラビリンスみたいに。知ってますか?) 山中を右往左往して命からがら十和田湖に到着。 時間は約20時。 今日の宿はズバリ、キャンプ場です。 しかしながらこの天候でテントを張るのはあまりにも危険。 なのでちゃんと屋根のあるところを確保。 で、早めに食料の調達とお風呂を探しに行くが!道はほとんど車が通らず、店も閉まってしまっている。 やっと一軒発見。 とりあえず十和田の商店で夜ご飯を買いだす。 その後、お風呂を探しますがなかなか見つからない。 で、3件目くらいでお風呂のみ可能なところを発見。 貸しきり状態のお風呂に3人で入って温まる。 (温泉:500円) で、キャンプ場に帰ってパンを食って、さっさと就寝。

ここでキャンプ場のレポート。 キャンプ場の名前は宇樽部キャンプ場。 場所は湖の南東の岸辺。 シーズン中は管理人が常時在中。 {設使用料が一人300円。 ゥ動車の乗り入れが500円。 テントの持込が確か200円くらい。 そのほかにバンガロー、ケビン、というのがあるが バンガローは一泊1000円と安いがほんとに小屋のみ。


バンガロー。

で、ケビンが2050円。われわれはケビンを利用。 これはおすすめ。2000円で4人利用可能。 4人で使えば一人500円。


ケビン

こんな二段ベットが二つ。

温水シャワー、トイレ、洗面台付

サイトで確認すると寝具は無しみたいなことが書かれているが、 ちゃんと布団があって、管理棟でシーツと枕カバーが貸し出される。 水道もある複数人で行くなら絶対ケビンがいい。 だだし、調理設備はないのでストーブ、クッカーはもっていくべき。 われわれが行った日もほとんど埋っていたのでシーズン中はかなり早めに予約を取っていきたい。 この上にもっと豪華な設備のやつがあるが一部屋14000なので無理。 家族連れはいいかも。


管理棟とシャワー室(有料)

テントサイト、一段低くなっており車では入れない。

二日目

朝7時に起床する。 しかし我々が泊まったケビン。 屋根の上に大きなどんぐりの木があり、 風でそのどんぐりが屋根に落ちて大きな音がする。 最初はジェイソンかと思ってしまった(怖)。 朝になってキャンプ場が本当に湖畔のそばだったことが判明。 湖畔に下りるが・・・・・・



暴風雨で大荒れの十和田湖南岸

8時にはとっとと出かける。 まずは奥入瀬渓流。


きれいな奥入瀬渓流のはずが大雨で濁流と化している。


著者近景

この道路、さすが観光地だけあってかなり大型バスがかなり通る。


十和田湖

その後また十和田湖に戻って乙女の像を見学。


乙女の像

なぜか周りからは異国の言葉が飛び交っている。 最近のアジア人はお金もちだなぁ。(・o・). お土産を購入してから、朝ごはんを食べていないことに気づく。


秋田名物キリタンポ。ん〜あったかくておいしい。

二回目の給油をして次は秋田県田沢湖に向かう。

途中、八幡平の紅葉
雨も晴れてここの紅葉は非常に美しい。

田沢湖に着く。

スワンに乗ることが目的だったが風が強いし、寒いし、お金もないので断念。 とりあえず黄金の辰子像を見学。


お〜黄金じゃ〜。

でもこれメッキなんだそうな。中身は銅。 ここからは一気に南下していく。

この辺で我々の腹減りは限界に近づく。 秋田の湯沢で名物、稲庭うどんを食べる。

ツーリングマップルにも載っている、7代目、佐藤養助本店。

稲庭うどん。
暖かいのと冷たいのが選択可能。 約1000円と値が張るがとても美味。 ジェイド君はせいろを食べる。

帰りは国道で一気に宮城を目指すがこの国道が国道とは思えないほど細くて道が悪い。 しかも40km近くの山間路。 岩出山にでると、そこからは順調に飛ばす。 そしてついに仙台に到着。 ヴィヴィオを洗車マシンにかけて二日間約900kmの労をねぎらう。

2日での走行距離は897.1km。 今思えはずいぶんと走ったものだ。 4輪車の素晴らしさを感じてしまった今回の十和田湖ツーリング。 天気さえ良ければ・・・・これもいい思い出。 でも、バイクから降りることはないと思う。 ここまで読んでくれてありがとう。
END

追伸
初めてワードを使ってHTMLを書いたがひどいソースだなぁ・・・・(-_-メ)。 かといって、手を入れるのも面倒・・・

06.01.21 HTMLのあまりの汚さに耐え切れず書き直しました。 いくらかはマシになったと思います(´ー`)

2013年11月10日 文法さらに修正しました(笑)


Copyright (C) 2002 YAS All Rights Reserved inserted by FC2 system